日本情報技術取引所(JIET)は、その名称の通り、情報システム開発案件の取引所としての役割を担っている。ここ数年は開発案件が多く、エンジニア不足が続いていることから、JIETの役割はますます大きくなっている。しばらくはこの状況が続くと思われるが、いずれはシステム開発の在り方が変わり、エンジニア不足が一気に解消されてしまうという可能性も否定できない。こうした将来を見据え、JIETの交流員会は外部との交流の活性化策である「CLUB JIET」の取り組みの強化を進めている。(取材・文/畔上文昭)