お客様の立場に立って考え、一緒に悩み、課題を解決することで自らも成長する、そんな会社に近づきたいという思いを込めて、今年のキャッチフレーズは「With You」とした。

中江靖之
社長
 保守サポートには、各地にサポート拠点を置き、人員を配置し、保守部品を持つ必要がある。人材不足が進んでいるため、保守サポートを提供できないメーカーも少なくない。そこでNEC以外のメーカー製品やノンITを含めて、現場丸ごとメンテナンスする「マルチベンダーメンテナンス」を実現するため、昨年はAIやIoTを活用しながら取り組んできた。

 AIは保守部品の需給、消費状況、コールセンターの受付などに採用し、効率化を高めた。今後は問い合わせに対し、保守員をアサインするところまでAIで行えるよう、現在トライアルを進めている。

 IoTとしてセイコーエプソンのスマートグラス「MOVERIO」を使った遠隔支援システムを開発。昨年2月からサポート部門の一部でシステムの使用を開始した。この遠隔支援システムは、マルチベンダーメンテナンスやノンIT対応のために必要不可欠なツール。保守作業員全員にスマートグラスを携行させることができた。こうした取り組みが評価され、カシオ計算機のエンタープライズ製品の保守をフル受託する契約を結ぶことができた。12月から北関東地区でトライアルを始め、今年の春頃には全国で展開する予定だ。こうした他社製品の保守受託案件は今後増やしていきたい。