お客様のIT投資は引き続き活発だ。ITインフラを刷新し、運用・保守の手間やコストを削減しようという動きに加え、IoTやAIの導入によってビジネスを革新しようとする意欲は確実に高まっている。当社もこのようなニーズにお応えするため、ITインフラのマネージドサービスを一層強化するとともに、デジタル技術を活用し、お客様とともに新たな価値を創出することに挑戦してきた。

東 常夫
社長
 16年に「IoTエコシステムラボ」を開設し、お客様やパートナー企業と共同でIoTのPoCを行ってきたが、今年はそれらが製造業や社会インフラなどの業種で、実ビジネスとして成果を得るところまでたどり着きそうだ。また、多くの企業においてSDNやSD-WANの需要が具体化しており、今年はネットワーク構築の案件がめじろ押しとなるだろう。

 社内の仕事の仕組みに関しても、新しい技術やサービスを導入して改革を図るべく、昨年「DX戦略本部」を設置した。ビジネスチャットなど新たなコミュニケーションツールの導入を積極的に推進しているほか、都内のコワーキングスペースをサテライトオフィスとして活用する試みも開始した。お客様からみても良き相談相手になれるよう、社員の働きやすさと生産性の向上には引き続き全力を注いでいく。

 世の中の変化はますます加速しており、少し先も見通しにくい時代となった。お客様と共通の視点に立って社会の未来を描き、ビジネスの成功をご支援できるよう、今年はコーポレートスローガンの「同じ未来を想うことから。」に立ち返って仕事に取り組みたい。