エヌデーデーは、病院や公益といった社会インフラに強いSIerだ。コンピューターメーカーや大手SIerがひしめく社会インフラ領域にあって、長年にわたってエンドユーザーとの直接取引を重視。大きな景気の変動が起こると、下請けSIerが次々と契約を切られていく中、元請け比率の高いエヌデーデーは粘り強く勝ち残ってきた。「たとえ小さなプロジェクトでも、顧客と当社が力を合わせて進めていくことを重視している」と、塚田英貴代表取締役は話す。(取材・文/安藤章司)