仮想化インフラ製品が大変好調で、かつニーズが非常に多様化してきている。その背景には、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が、必ずしも爆発的に増えているわけではないけれども、着実に増えているという状況がある。それに伴い、データの多面的な活用に取り組むことの意義が多くの企業に浸透しつつあり、クラウドだけでなく、最新のクラウドサービスと互換性を持ち、ハイブリッドでシームレスに使えるオンプレミス側の技術も、その価値が改めて認識されるようになってきた。

森田晶一
社長

 ハイパースケーラーのクラウドサービスプロバイダーは急速にサービスを進化させているが、実はオンプレミス側のインフラ製品も先進のクラウドサービスの技術・アーキテクチャーを取り込んで大変な勢いで進化し、ハイブリッドクラウドの基盤として成長している。そこをしっかりキャッチアップし、まさに「オンプレミスのクラウド」を変革することでお客様のDXに向けた多様なニーズに応えることがネットワールドの大きな存在意義だと考えている。

 オンプレミスのITインフラ製品を中心としたビジネスとハイパースケーラーのクラウドサービスはこれまで若干距離が遠かったが、パートナーと一緒にAWSやAzureを勉強するコミュニティを立ち上げ、基本的なサーティフィケーションの取得を目指すといった取り組みも進めている。新しい技術や新しいビジネスを吸収してわれわれ自身のビジネスをアップデートしていくことで、お客様のデータ活用効果を最大化できる提案につなげていく。