19年は多くの大型案件を獲得することができ、当社にとって大きな変革の年だったと言える。具体的にはシリコンバレーのAIスタートアップに出資し、同社のHRテックSaaSソリューションの提供を開始した。人材不足の市場環境もあり、多くの引き合いをいただいている。

田中拓也
社長

 これまでのユーザーから来た仕様書を基にネットワーク機器を販売するような受け身のビジネスモデルだけでなく、プッシュ型で提案できる商材を用意することで、当社のパートナーに新たな選択肢を提供できるようになったと感じている。また、これらの新商材は新たな顧客層にリーチするための下地ともなるだろう。

 一方で、新たな提案をしていくためには新たなスキルの獲得も必須となる。当社では社員の段階ごとにトレーニングプログラムを用意したほか、商社として国外メーカーとのつながりを強化するため全社的な語学トレーニングを開始した。そして、パートナーと共にメーカーを回り、商材を販売するための知識やノウハウを広げる活動にも努めている。明確に売り方が変わったという声もいただいており、当社を中心としたエコシステム全体が大きく成長している。

 12月にはコーポレートロゴを刷新。ソリューションの「安定感・安心感」を表現するとともにパートナーとの円滑な「つながり」をより高めていく抱負を込めた。従来ビジネスをより発展させつつ、パートナーが新たな事業を展開する上での一助となるため、気持ち新たに邁進していく。