Stockは2018年4月から情報共有ツールを提供し、現在までに5万社を超えるユーザーを抱えています。強みは「誰でも使える簡単さ」で、非IT企業を中心に、「チームの情報を簡単に残す方法がない」という課題に応えています。澤村大輔社長にお話をうかがいました。