2020年は攻めるよりも対応に追われた1年だった。ただ、コロナ禍でビジネスチャンスもあり、実質的に手堅くビジネスを進めることができた。

是枝周樹 社長

 とくにサブスクリプションモデルが伸びており、業績は非常に堅調に推移している。読みが甘かった点は、コロナ禍でクラウド化が急速に展開したことだ。当社としては拡販の部分で一歩遅れて市場に出ていかなければならないと冷静に分析している。

 商材では、緊急事態宣言が出た影響などで、リモートワーク関連の製品の引き合いが大きく増え、これも業績を後押しする要因となった。

 顧客の状況をみると、イニシャルコストを抑制する動きがあり、だんだんとサブスクに移行している。クラウド製品も前年対比で大きく伸びている。新しいビジネス様式として、今後もこうした動きが広がっていく可能性が高いとみている。

 21年は、まずは既存の財務・会計・人事・給与のビジネスをしっかりと伸長させる。これはクラウド化も含めてやっていくつもりだ。子会社連合体では、新規事業としてデジタルトランスフォーメーション戦略を考えている。買収にかなりの投資をすることも計画している。

 すでに大きな画は描けているので、そこに向けて一つ一つ積み上げていく考えだ。20年に創造的破壊をしてパーツを見つけるところまで進めたので、21年はそれをしっかりつなぎ合わせてマネタイズにつなげるところまでもっていきたい。着眼大局、着手小局でビジネスを展開していく方針だ。