2020年は新型コロナウイルスなしでは語れない。仕事の進め方や人との付き合い方を含め、いろいろなことを大きく見直す年となった。一方、ITによる大きな変化が起こるきっかけにもなった。今後、20年を起点にデジタルトランスフォーメーションへのシフトが起こっていくだろう。

寺西清一 社長

 リモートワークが普及したことで、Zoomを始めとしたデジタルコラボレーションツールの売り上げが大きく拡大した。働き方を変えるツールについては、これからも需要が続くとみているので、しっかりと品揃えを整備し、リソースをさらに投入することも計画している。

 コロナ禍で企業がIT投資を遅らせる影響があったが、予定通り進んだ部分もあり、全体の業績は前年に比べて成長基調となっている。21年はさらなる成長を目指したい。

 21年は、ソフトウェアにより注力していく。ソフトウェアは、世の中のビジネスや業界構造を変革していくとみているので、この分野の強化は必要だと考えている。現在はERPや金融系、流通系などのソフトウェアを提供している。こうした部分を中心に顧客のニーズに応じたソフトウェアを開発し、業務の最適化やコストの削減などに貢献していくつもりだ。

 コロナ禍で変化が読みにくい状況になっている。変化に気づいて対応していくことの重要性は増しており、いろいろな経験値を持った人が必要だ。次の時代に向けて、多様性を意識した人材の採用や育成を進めていきたい。