「Non-Fungible Token」(非代替性トークン)の略称。ブロックチェーンの技術を活用し、画像や動画、音声など複製可能なデータを「唯一無二」のものとして価値づける仕組み。データに紐づけられたNFTを鑑定書のようなものとして売買することで、データのオリジナル性を担保でき、デジタルコンテンツの価値向上や権利保全などにつながることが期待されている。

 NFTのデータは世界中に分散して暗号化保存されるため、コピーや改ざんに強く、NFTに紐づけられたコンテンツの所有権が誰にあるのか、誰の手を経ているかなどを検証できる。ただし、一般的にNFTは著作権などの知的財産権を取引するものではない。