企業トップが頭を下げ謝罪する光景が珍しくなくなってしまった。ITの世界では、情報漏えいなどセキュリティ分野でそうした光景が相次いだ。セキュリティ対策が急速に進み、「考えうる最高のセキュリティ」を誇っていても落とし穴は潜んでいた。

 1日に1000万ページビューで40-50万人のユーザーを集める価格比較サイト「価格.com」が、不正アクセスによりプログラムが改ざんされたことで今月14日から閉鎖に追い込まれた。

 サイト閲覧者がコンピュータウイルスに感染してしまうなどの問題だけでなく、メールマガジンサービスを受けるユーザーのメールアドレスが漏れた可能性もある。この閉鎖期間中、運営会社であるカカクコムの売り上げは、「ほぼゼロ」(田中実CFO)と影響は小さくない。

 穐田誉輝社長兼CEOは、「消費者にメリットを与えるためのウェブサイトが、逆に加害者になってしまった」と記者会見で深々と頭を下げた。

 情報に対する脅威は後を絶たない。もちろん不正アクセスでプログラムを改ざんした“犯人”は、捕まらなければならない。しかし企業にとっては、盲点を突かれるだけに、それを防ぐための際限ないセキュリティ対策に頭が痛いところだろう。