2か月ぶりの日本出張。今回はアシアナ航空を使いシアトルから仁川(インチョン)経由で関西国際空港に向かっています。このコラムは機内で書いているのですが、実は今、オンラインなんです。数か月前に解散したボーイング社のスカイインターネットサービス、CONNEXIONSを利用しています。

 インターネットに接続できることで、いつもなら退屈する10時間のフライトが有意義に過ごせるようになった半面、機内であっても仕事から逃れられなくなりました。

 私にとって機内でインターネットを使うのは、今回が初めての経験です。機内では「CONNEXIONSが使える」とは書いてありませんでしたが、食事の前にコンピュータを開いたらネットワークがみえました。それに接続してブラウザを開くと登録画面が出てきて、それに書き込めば接続できたのです。気になる費用ですが、なぜか無料でした。クレジットカードの番号は入れましたが、課金はされないと書かれていました。ついに最後の逃避場所、国際線の機内にまでインターネットがつながる時代になったのです。うれしいような、悲しいような。いや、やっぱりうれしい初体験でした。(サンノゼ発:パシフィックソフトウェアパブリッシング 内倉憲一)