エヴァンジェリスト(伝道師)として、「iPhone」「iPad」の普及活動を行うソフトバンクモバイルの中山五輪男氏。全国津々浦々で年間300回は講演する中山氏の必須アプリが、「なぞる距離測定」だ。

 機能は単純明快で、表示された地図の上を指でなぞると、書いた線の実際の距離がわかるというもの。「iPhoneの標準アプリになっている『Googleマップ』にも経路表示の機能はあるが、画面上の地図を指でなぞるだけで、距離が一瞬でわかるのはすごく便利。講演で全国を歩いていて、初めて訪問する会場も多い。常に講演用機材が入った重いバッグを持ち歩いているので、あまり長い距離は歩けず……、タクシーを使うかどうかの判断に重宝している」とのこと。また、「山手線一周の距離を測ったり、東京から富士山までの直線距離を測ったりといった『Googleマップ』では不可能な計測ができる。アイデア次第では、ほかにもたくさん面白い活用法が見出せそう」と、ちょっとした遊び道具としても使っている。

山手線一周の距離もすぐにわかる

ソフトバンクモバイル シニアエヴァンジェリスト 中山五輪男 氏のオススメアプリ
『なぞる距離測定』
Category:地図
Device:iPhone