最近、ある日系ITベンダーの幹部と会食した際、海外駐在員の間で浸透している「OKY」が話題に上りました。

 OKYとは、「O=おまえが」「K=きて」「Y=やってみろ」の頭文字で、現地の事情を理解せずに、勝手な憶測で達成困難な要求をしたりする日本本社への心の叫びを表した隠語です。駐在員が日本に帰任した後、現地の感覚が薄れてしまい、現地法人との意思疎通がうまくできなくなってしまうことを揶揄した「OKO(「O=おまえ」「K=ここに」O=おったやろ)」も有名です。

 ところで、最近、日系ITベンダーでは、過去に中国に駐在した経験をもつ人材が、ASEAN地域の拠点立ち上げに参与するケースが増えています。中国拠点で培ってきた経験やノウハウを、ASEAN拠点に横展開しようというわけです。ひょっとしたら、今後OKYは、「O=おれが」「K=きて」「Y=やってやる」という前向きなフレーズに生まれ変わるかもしれません。(上海支局 真鍋武)

【記事はこちら】
菱洋エレクトロ ASEAN地域でITシステム事業を本格化 現地の日系製造業を開拓
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2015.7.17」より