上海で書籍を購入するなら、書店が立ち並ぶ福州路に行くのがベストな選択肢。しかし、新聞や雑誌なら、市内の道端にあるブックスタンドを利用するのが手っ取り早い。

旧式のブックスタンド

 最近、このブックスタンドがインターネット化を始めた。静安区にある「東方書報亭」では、外観を刷新し、側面に電子パネルを設置。デジタルサイネージ型の広告掲載や、電子新聞、地図の閲覧サービスを開始したほか、公衆Wi-Fiサービスを提供している。

 また、周辺のスポット紹介や行政情報の提供、電気やガスなど公共料金の支払いにも応じる。単なる書籍販売ではなく、市民の生活に役立つ総合サービスプラットフォームへの転換を目指している。

最新のブックスタンド