Book.jpg

ビジネス起点でクラウドを鋭く分析

 3年ぶりの大幅改訂となった『クラウドの基本 第2版』。初心者向けのクラウド技術の解説にとどまることなく、ユーザー企業が何のためにクラウドを活用するのかを深く掘り下げている。

 新版では、ここ数年で大きく変化したクラウドサービス事業者の特色や勢力図、IoTやエッジコンピューティングといった変化が激しい分野を重点的に加筆。また、とかく概念的になりがちなクラウドのアーキテクチャーをほぼ全ページにわたって、分かりやすいイラストで図解してあるのも有り難い。

 著者はクラウドに精通するNTTコミュニケーションズでクラウドサービスを担当する林雅之氏。クラウドビジネスを先導する立場であるだけに、ユーザー企業のビジネス起点でクラウドを鋭く分析。

 「当社は○○がしたいから、このクラウドのこのサービスを組み合わせて使おう」と、企業のやりたいこと、事業戦略に合ったクラウドの使い方を再確認できる一書だ。(寶)
 


『クラウドの基本 第2版』
林雅之 著
SBクリエイティブ 刊(1680円+税)