▼東日本を中心に大きな爪痕を残した台風19号。16日時点で55河川79カ所で堤防が決壊したことが確認されたという。前代未聞の被害の大きさに戦慄する。犠牲者の数も日を追うごとに増えている。まだまだ二次災害の恐れもあり、警戒が必要だ。

▼復旧・復興に向けて多くの力を集めなければならない局面と言えよう。司令塔となるべき政治の世界では早速失言が飛び出して今回の台風被害も政争の具になりかけた。しっかり仕事をしてくれと言いたい。

▼自然災害においては自助の重要性が度々指摘されるようになっているが、そのためには公共機関に適切な情報提供を担ってもらう必要がある。今回、複数の自治体で避難情報などを伝えるサイトにアクセスが集中し、接続が困難になったという報道もあった。SNSなどを駆使して、さまざまなチャネルで即時に情報を提供しようとする国や各自治体の現場職員の奮闘ぶりは際立っていただけに、公共機関が備えるべき情報システムの機能とデジタル戦略を考えるために検証すべき課題は多い。

▼大災害に打ちのめされそうな私たちを勇気づけるラグビー日本代表の活躍もあった。それぞれの持ち場で、復旧・復興への道筋を固めるためにできることがある。(霹)