鉄人の技巧を伝える和食の店


 arcserve Japanの江黒研太郎社長から「料理の鉄人に師事したオーナーの店」として紹介されたのが、銀座の日本料理店「たて野」。オーナー・料理長を務める舘野雄二さんは、「和の鉄人」として有名な道場六三郎さんの門下で腕を磨き、ポワソン六三郎などの名店で活躍。2008年にこの店をオープンした。和食の道を極めながらも型にとらわれず、柔軟な発想で作る道場さんの料理を伝えるべく、店名には「みちば和食」と冠した。

 ディナーは四季の素材を生かした会席料理のほか、すっぽんのコースを用意。11月から3月までは冬季限定でクエ鍋やふぐ料理も楽しめる。江黒社長が特に毎回感動するというのがお造りで、岩塩のプレートとともに提供される。岩塩にすだちをしぼり、その上に刺身を滑らせていただくのだとか。また、名物の黒毛和牛ローストビーフをたっぷりのせた「ローストビーフ重」(写真)が、ランチタイムの人気メニューになっている。(螺)


銀座駅・徒歩6分 みちば和食『たて野』
東京都中央区銀座7-6-10 アソルティ銀座花椿通りビル6F
03-6252-5000
1万2000円~