フィリップスが起こす「睡眠革命」


 これまでの睡眠用ウェアラブル端末は、センサーで睡眠の深さや浅さをリアルタイムで検知しながら、スマートフォンのアプリでグラフに可視化して、アドバイスしたりする程度のものが多かった。フィリップス・ジャパンの「SmartSleepディープスリープヘッドバンド」は、同社が14年かけて開発した技術を搭載。深い眠りに入ったときの徐波睡眠の段階を検知して、500~2000Hzのオーディオトーンを独自のアルゴリズムで流す。眠りに積極的に働きかけ、睡眠の質を高める画期的な製品だ。

 なお徐波は年齢とともに振幅が自然に減少するため50歳以下の人にオススメだったり、聴覚障害のある人には適さないなど、使う際にはいくつかの条件を伴うが、眠りに悩んでいるビジネスパーソンにとってうれしい製品となるに違いない。日本人の睡眠時間は約7時間でOECD諸国の中で最下位。時間がとれないなら、質を高めるしかないだろう。(至)


メーカー名 フィリップス・ジャパン
ジャンル  ウェアラブルヘッドバンド
発売日   2019年11月26日
価格    税別4万2380円