DX人材に求められる基礎教養

 「我が社もAIで何かやらなければ」という経営者の鶴の一声で新たなプロジェクトを立ち上げたはいいものの、ほとんど成果を得られずにひっそりとフェードアウト……。ビジネスへのAI活用を試みる企業は多いが、その実態はいまだに死屍累々だというのもまた現実だ。

 本書はAI人材育成のための教育プラットフォームを提供するアイデミーの創業者/社長の石川聡彦氏が書き下ろした。AIでどんな課題を解くのか整理し、プロジェクトの求める成果を明確にする「機械学習プランナー」の不足こそが失敗プロジェクト続出の最大の要因であるという前提に立ち、機械学習プランナーに必要な知識・素養を「7つのルール」としてまとめ、解説している。テクノロジーの特徴を理解した上で、それをビジネスにどう生かすかプランニングする機械学習プランナーは、DXの推進をけん引し得る人材とも言えよう。“DX人材”を目指す人にとっては、基礎教養とも言える内容だ。(霹)
 


『投資対効果を最大化する AI導入7つのルール』
石川聡彦 著
KADOKAWA 刊(1600円+税)