住宅街にたたずむ隠れ家店


 開業50年を迎えた駅西口の玉川高島屋に加え、近年の東口再開発(二子玉川ライズ)で一大商業エリアのイメージをますます強くている二子玉川だが、駅から少し離れれば閑静な住宅街が広がり、緑も多く残された落ち着いた地域である。二子玉川駅からはかつて、東急玉川線の短い支線である砧線が出ていたといい、その線路の跡地は細い道路になっている。廃線から50年以上が経つにもかかわらず、道路標識には「砧線跡」と掲示されているほか、一部には石標なども残る。

 そんな砧線跡の脇にひっそりとたたずむ隠れ家的な焼き鳥店が「酉たか」。ダイワボウ情報システムの谷水さんは、大阪本社から東京へ出張したときによく訪れるといい、素材も焼き方も最高と評する。串7本または10本のコースが基本メニューで、追加は30種以上におよぶ鶏の希少部位のほか、サラダなどサイドメニューも豊富。(螺)


東急二子玉川駅から徒歩5分『酉たか』 
東京都世田谷区玉川3-21-21 ハイムカワベ1F
03-3700-0403 6000円~