先日、取材のため外出しました。向かった先は都内のシェアオフィス。実はここ、前日も取材で訪れていました。シェアオフィスが数多くある都内で、こんな偶然があるのだなと印象に残りました。

 コロナ禍をきっかけに、企業の間でオフィスの在り方を見直す動きが加速しました。縮小や移転が代表例で、各企業は時間や場所にとらわれない働き方の実現を目指しているようです。

 一方、リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッドワークの実現を目指す動きも出ています。NECは、グループの新たな働き方改革として、従来オフィスの再定義などを盛り込んだ「Smart Work 2.0」を本格展開すると発表しました。

 一時はオンラインでの取材がほとんどでしたが、徐々に対面の取材予定も入ってきました。各企業の事業戦略に加え、オフィスの変化についてもお話が聞けることを楽しみにしています。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
NEC、新たな働き方改革「Smart Work 2.0」を本格展開 働きがいの実感を高める