ミロク情報サービスの是枝周樹社長は、8歳のころからギターを続けている。現在、ギターは10本ほど所有しており、その中からギブソンの「レスポールカスタム」を持参してもらった。

 レスポールカスタムは6年ほど前に購入した。所有するギターの中で最も新しいため「ローからハイまでの音の具合がよく、さらに弾き心地がいいところもお気に入り」と話す。

 演奏する音楽のジャンルに合わせてギターを選ぶといい、「メタルのド太い爆音を出したい時に使う」。かつては米国ロサンゼルスの学校で技術を磨いた。自宅では、手の届くところに置き、「酔っぱらったときによく弾いている」と笑う。


ミロク情報サービス
代表取締役社長最高経営責任者
是枝周樹