ネットジャパン(蒋冠成社長)は、デフラグツールの新バージョン「NetJapan PerfectDisk 2008」を12月5日に発売した。同社では、今後1年間で1億円の売り上げを見込んでいる。

 「NetJapan PerfectDisk」は、ディスク上の全ファイルの断片を特定して、連続した状態に配置し、パフォーマンスを改善するエンタープライズ市場向けデフラグツール。Windows標準の最適化プログラムではサポートされていないシステムファイル、空き領域、メタファイルもデフラグすることができる。

 新バージョンでは、Windows Server 2008に対応し、64ビットOSをネイティブにサポート。また、ユーザーインターフェイスを一新し、ドライブ断片化の割合を一目で確認できる「断片化メーター」を搭載した。

 さらに、新しいデフラグエンジンにより、独自技術「SMARTPlacement」の処理速度を高速化するとともに、メモリ使用量も旧バージョンと比較して15-20%の省メモリ化を実現している。このほか、空き領域の回復、最小限(1%)の空き領域、任意のファイルのみの最適化、最適化完了時間の予測表示、VSS互換モードでのデフラグ実行などの新機能を搭載している。

 税別価格例は、「NetJapan PerfectDisk 2008 Desktop Edition 6-9ライセンス」が3500円/ライセンス、年間サポートサービスが1230円/ライセンス。「NetJapan PerfectDisk 2008 Server Edition シングルライセンス」(45日間サポート付き)のパッケージ版が1万6000円、ダウンロード版が1万3000円。「同 1-4ライセンス」が1万2500円/ライセンス、年間サポートサービスが4300円/ライセンス。