アンテナハウス(小林徳滋社長)は、PDF活用・追記ソフトの最上位グレード版「書けまっせ!!PDF4 プロフェッショナルPlus」を1月13日に発売した。

 「書けまっせ!!PDF4」は、PDFの申請書などをパソコンの画面に表示しながら文字や図形などを記入できるソフトウェア。今回の新製品は、「書けまっせ!!PDF4 プロフェッショナル」に、ペンタブレットをサポートした「インクツール」機能を搭載。これにより、ペンタブレットを使用してペンや筆を使っているような感覚で、PDFや画像ファイル上に自由に曲線(文字や図形)を描画することが可能となる。「インクツール」機能で描画した曲線は、高解像度の画像として保存される。

 また、ペンの色、線幅を指定でき、筆圧対応のタブレットでは筆圧に応じて線の太さが変わる。さらに、消しペン機能で描画中の線(ストローク単位)の削除も可能。

 同社オンラインサイトでのダウンロード版のみの販売で、価格は2万580円。なお、Vectorなどの外部ダウンロード販売サイトでは、1月下旬から順次販売を開始する予定。