パソコン周辺関連メーカーのメルコホールディングスとアイ・オー・データ機器、デジオンの3社は、2月1日、社団法人デジタルライフ推進協会を設立した。代表理事はメルコHDの牧誠社長が務める。地上デジタル放送などのデジタルコンテンツをユーザーがより手軽に楽しめる環境づくりや、ルールづくりへの提言などを行う。

 映像や音楽などのデジタルコンテンツを巡る規格やルールづくりは、家電メーカーや放送事業者、コンテンツホルダーなどが主導してきた。パソコン関連を主力とするベンダーが、こうした動きに積極的に関与することはこれまで難しかったが、推進協会を設立することで発言力の増強を狙う。

 牧誠代表理事は、「ユーザー視点で、使い勝手のいいデジタルライフの提案を行う」ことで、デジタルコンテンツ市場の振興に貢献していく方針を示した。

左からアイ・オー・データ機器の細野昭雄社長、メルコホールディングスの牧誠社長、デジオンの田浦寿敏社長