コンシューマ向けセキュリティソフトの主要メーカーが、8月下旬から9月中旬にかけて、相次いで統合セキュリティソフトの2011年版を発売した。インテルのマカフィー買収で、セキュリティ業界の今後の動きに注目が集まるなかで、シマンテックとトレンドマイクロ、マカフィー、カスペルスキーラブスジャパンの4社は最新版の発表会を開催。クラウド技術を利用した製品強化や、キャラクターの起用によるマーケティング強化など、シェア拡大の姿勢を強めている。

 セキュリティ4社のなかで一番最初に発表会を開いたのは、「ノートン」を展開するシマンテックだ。新製品の「ノートン インターネットセキュリティ 2011」などのイメージキャラクターに俳優の成宮寛貴さんを起用し、テレビCMでサイバー犯罪者を演じさせている。発表会のプレス向け招待状は指名手配書をイメージしたもので、メディアの注目を集めた。

「サイバー犯罪は恐ろしい」と訴求するシマンテック

 新製品の発表と同時に、サイバー犯罪で入手した個人情報の取引をテーマにした展示スペース「Black Market」を全国主要都市に開設。これらの活動によって、PCユーザーに「サイバー犯罪は恐ろしい」という認識をもってもらい、セキュリティソフトの必要性を積極的に訴えていく戦略だ。

 トレンドマイクロは、ザ・リッツ・カールトン東京で、クラウド上のデータベースを参照してウイルスを検出する「ウイルスバスター2011 クラウド」を大々的に発表した。「ウイルスバスター」の2011年版は、「法人事業で培ってきたクラウド技術を初めてコンシューマ向け製品に取り入れた自信作」(吉田健史・マーケティング本部コンシューマ&SBマーケティンググループ部長)である。

トレンドマイクロはクラウドを前面に押し出す
(C)1995-2010 Trend Micro Incorporated. All Rights Reserved.
TRENDMICRO、ウイルスバスターおよびウイルスバスタークラウドはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。

 クラウド技術を利用したことで、PCへの負荷を軽減し、スペックを問わず軽く動作することを強みとしている。これを武器に、「3~4年前に購入したやや古いPCを使っているユーザーを獲得していく」(長島理恵プロダクトマネージャ)という。マーケティングもクラウド技術を前面に押し出して展開する。プロモーションキャラクターにはファッションモデルの山本美月さんを起用。ふわふわした雲(クラウド)の中で、山本さんら4人の女性が軽やかに跳ねるテレビCMで、新製品の軽快さをアピールしている。

 マカフィーは、個人向けセキュリティソフトとして「マカフィー インターネットセキュリティ 2011」など3製品を投入した。リアルタイムに保護するクラウドベースのセキュリティ技術基盤を利用したり、クラウドでファイルの危険度をあらかじめ検証したりするなど、こちらもクラウド技術を訴求ポイントにしている。新製品のマーケティングでは、クラウド技術をユーザーに分かりやすく伝えるために、「難しい言葉は使わない。図を利用して特徴を伝える」(マーケティング本部の葛原卓造・プロダクトマーケティングマネージャー)とし、ビジュアルを重視する戦略を採っていく。

ビジュアルでクラウド技術を解説するマカフィー

 8月20日に発表されたインテルによる米マカフィーの買収については、「ハードとソフトを組み合わせることで、より強固なセキュリティを提供できる」(トッド・ゲブハート・エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー)として、相乗効果を発揮していく意向だ。

 4社のなかで最後に発表会を開催したカスペルスキーラブスジャパンは、個人向けとして「Kaspersky Internet Security 2011」などを投入した。プロモーションとして、アイドルグループ「AKB48」の研究生10名による「AKB48カスペルスキー研究所」を開設。「AKB 48カスペルスキー研究所」の特設サイトでは、10名が「研究員」となって、セキュリティ対策についてのユーザーアンケートや新製品に関する講座を開くなど、「彼女たちの目線でサイバー犯罪への対策を伝えていく」(マーケティング本部の長崎敏樹本部長)。

カスペルスキーはAKB48研究生10名を「研究員」に起用

 秋商戦や年末商戦に向け、本格的に動き出したセキュリティソフトの4社。各社が採るアグレッシブなマーケティング戦略からは、競争がますます激しさを増している構図が読み取れる。

 セキュリティソフトは、機能だけでは差異化が難しい製品だ。マーケティング活動を通じて、自社製品をいかに消費者に深く印象的づけるかが、成功のカギを握っている。(ゼンフ ミシャ)