高級コンパクトカメラの代名詞ともいえるリコーの「GR」シリーズ。誕生10周年のイベントが10月24日、東京・原宿で開かれた。2005年10月に初号機「GR DIGITAL」を発売して満10年を祝うイベントに、多くのファンや写真家が集った。1996年発売のフィルムカメラの「GR 1」から数えるとおよそ20年。長きに渡り一つのブランドが受け継がれ、支持され続けているコンパクトカメラは、ほかに例をみない。

 この7月に発売した「GR II」は税別価格が8万円台後半の高価なカメラだ。一眼レフ並みに大型のAPS-C撮像素子を搭載しつつも画素数は1620万画素。とくに高画素数ではない。レンズはF2.8と明るめながら35mm版換算で28mmの単焦点。ズームはできない。手ぶれ補正機能すらなく、派手なスペックからはほど遠い。しかし、写真愛好家はもとより、プロの写真家にもファンは多い。「GRはよく写る」と評価が高いカメラだからだ。

GRの最新モデル「GR II」

 市場をみると、コンパクトカメラの落ち込みは激しい。販売台数は41か月連続で前年割れ。消費税増税の駆け込み購入の影響もあり、瞬間的に前年を上回ることもあったものの、販売金額は5か月連続で前年割れだ。スマートフォン(スマホ)に市場を奪われた結果である。

 しかし、1インチ以上の大型撮像素子を搭載したコンパクトカメラの販売金額は16か月連続で前年を上回った。キヤノンやソニーの1インチ前後の撮像素子を搭載した製品がこの伸びを支える。もちろんGRもその一翼を担う。写真家に支持され「たかがカメラ」の誕生祝いにファンが集まる。縮小がとまらないコンパクトカメラ市場活性化のヒントは、ここに隠されている。