アクセルを踏みたい

 2020年1月に正式版をリリースしたエッジAIプラットフォーム「Actcast」は急拡大の真っ只中だ。今年4月、累計登録台数が1万5000台を突破した。大手小売店の店頭や接客カウンターなどにActcastが入ったカメラやマイクが導入され、1案件あたりの導入台数が急増している。

 リテール領域で成果を残した次のターゲットは製造業や公共交通分野だ。「プラットフォームビジネスは規模が大きくなるほど、プラットフォームの価値が高まり、さらに成長できる。今はアクセルを踏みたい」。