いま、パソコン産業は、デジタル情報産業へと広がりを見せようとしている。通信、放送など、パソコン産業を取り巻く様々な産業や製品群との融合によって、いわゆる「デジタル情報産業」という新たな産業領域が創出されようとしているのである。そうしたなか、いち早く、デジタル情報産業、そしてデジタル情報革命に目を向け始めたソフトバンク・孫正義社長とマイクロソフト・古川享会長の2人に対談を願った。2人のデジタル情報産業に対する「想い」を存分に語ってもらった。