オーディオメーカー各社がパソコン分野に続々と乗り出してきた。オンキヨーは、従来からのパソコン周辺機器としてのオーディオとパソコンとの接続環境をさらに進展、双方から互いの機能を利用できるようにしたほか、ソニーもオーディオ事業部門が「ビットプレイ」の名称で、パソコン機能を搭載したオーディオを投入した。なかでも、ケンウッドは、イーヤマとの提携により、自らパソコンを取り扱う形で本格的な市場参入を図る。ケンウッドの取り組みを中心に、オーディオメーカーの動きを探った。(大河原克行●取材/文)