歴史を振り返ると、今となっては信じられない誤った認識がまかり通っていたことに驚く。第二次世界大戦後、米国を目の当たりにした人が、巨大な米国に蓄積された物資を見て、「これでは日本が勝てるはずはない」と感じたという逸話をよく聞く。戦時中にはその冷静な判断は下されなかった。逆に、「いつか神風が吹いて日本は勝つ」と信じられていた。もちろん、神風が吹くというのは科学的には根拠がない精神論であり、現代の我々はそれが間違いだと理解している。だが、果たして我々はこの過去の失敗を笑っていられるのだろうか。日常のビジネスで、根拠もなく「神風が吹くから大丈夫」と考えていないだろうか。