宮城県仙台市は、総務省が全国8か所に指定した「ITビジネスモデル地区」の1つ。IT起業支援などITビジネスの集積に拍車がかかる。その仙台市で独立系システムインテグレータ24社が結集して株式会社「ハイパーソリューション」を設立、自治体ビジネスへの参入を狙っている。大手ベンダー各社が持てるパワーをフルに投入し、自治体ビジネスの拡大を図るなかで、地元のパワーを結集して大手に対抗できる勢力を作ろうというのが狙い。参加各社がそれぞれに得意とする力を存分に発揮できるかどうかが、事業成功のカギを握る。(川井直樹(ジャーナリスト)●取材/文)