その他

<ソフトバンクBB 法人向け流通で新戦略(上)>サーバーからアプリケーション配信

2005/03/07 21:12

週刊BCN 2005年03月07日vol.1079掲載

 ソフトバンクBBの孫正義社長が2003年末に宣言した「ユーテリティコンピューティング戦略」の法人向けビジネスが、ようやく具現化してきた。同社は2月、米ソフトリシティ(ハリー・ルーダCEO)と日本国内における販売代理店契約を結び、さまざまなアプリケーションをサーバーで一元的に管理し、サーバーからクライアントパソコン(クライアントPC)に一元的に配信する次世代型アプリケーションマネージメントプラットフォーム「ソフトグリッド・プラットフォーム(ソフトグリッド=SoftGrid)」を発売したが、同製品を核に法人向けビジネスの再活性化を図る。既存のパートナーを通じたソリューション販売を本格化させるほか、今後、ASP(アプリケーションの期間貸し)サービスや業務ソフトベンダーとパッケージの共同開発も開始する意向だ。本来の基幹事業である流通卸の活性化を狙ったこの戦略は、同社の法人向けビジネスの将来を占う意味で“試金石”となりそうだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<ソフトバンクBB 法人向け流通で新戦略(下)>中堅・中小企業市場も視野に