大手パソコンメーカーが直販サイトの強化に乗り出した。各社が昨夏から今年にかけて、ウェブ直販サイトをリニューアルするなど、ライバルとの差別化を図るための戦略を打ち出している。ネット直販は、ショップやパートナーからの反感を招きかねないビジネスモデルとして遠慮していた部分もあったが、電子商取引(EC)市場拡大が追い風となり、個人消費者向けの店頭販売とのすみ分けが明確化になってきたことで流れが変わった。今では、パートナーとの連携に相乗効果を生むケースも出てきている。(田澤理恵●取材/文)