BCN(社長・奥田喜久男)は10月14日、宮城県仙台市青葉区の仙台市戦災復興記念館で第6回「BCNフォーラム」を開催した。今回は、NTTソフトウェアの駒谷昇一・エンタープライズ・ソリューション事業グループ営業SE部門ソフトウェアプロセスコンサルティングセンター・チーフエキスパート(ITSSユーザー協会・運営委員兼導入コンサルタント認定委員会委員長)に登場を願い、「ITスキル標準(ITSS)について─ITSSをどう活用したらよいか」をテーマに講演頂いた。講演に先立って挨拶した髙山由・BCN最高顧問(元NEC専務)は、「IT産業が成熟期にあるなか、事業発展のためにはITエンジニアの育成および活用が要になる」と、人材育成の重要性を強調。その後、駒谷氏からITSS導入のメリットや具体的な活用方法などについて説明頂いた。会場には、宮城県内の地元ITベンダー経営者など約70人が詰めかけた。講演要旨をまとめた。(木村剛士●取材/文)