景気拡大と情報化投資の回復を受けて、IT産業は新たな成長のステップに立とうとしている。 経済産業省によれば、情報サービス業の7月の売上高は、前年同月比3.5%増で7か月連続の増加。うち主力の「受注ソフトウェア」は同6.1%増で15か月連続の増加、「システムインテグレーション」は同9.1%増と、いずれも力強い成長が続いている。