日本市場では、次期データベース(DB)「Microsoft SQL Server 2008」で3年以内に売り上げ倍増を目指す──。マイクロソフトは、機能強化された新DBを投入する効果として、こんな皮算用を弾く。特化する分野としては、これまで支配的だったSMB(中堅・中小企業)向けに加え、新たに「エンタープライズ市場」の攻略を本格化するほか、「BI(ビジネス・インテリジェンス)市場」、仮想化やSaaS(Software as a Service)など「次世代業務プラットフォーム市場」の3分野に重きを置く。