販売系SIerの体制変更が相次いでいる。JBCCホールディングスは、今年度に入って中堅SIerやISVのグループ化を矢継ぎ早に発表。富士通ビジネスシステム(FJB)は富士通本体の完全子会社になるのに伴い、上場廃止になる見込みだ。情報サービス産業全体が不況のダメージを受けるなか、ハードウェアなどの製品販売は落ち込みが特に激しい。販売系SIerは製品販売を柱の一つとしており、今の“製品販売低迷”の直撃を受ける。体制一新で苦境を乗り切ろうと必死だ。