プリンタメーカーのOKIデータ(杉本晴重社長CEO)は10月1日から、主力プリンタシリーズ「COREFIDO(コアフィード)」のテレビCMをスタートした。女優の菅野美穂さんを起用し、ブランド認知度の向上を狙う。これだけを見ると、業界内で特別なインパクトはない。しかし、企業向け単機能プリンタ市場をメインに据える競合が、エンドユーザーに対して直に訴える戦略で販売台数を伸ばしており、OKIデータも重い腰を上げたと推測できる。この過当競争から目が離せない。