日本ユニシス(籾井勝人社長)とグループ会社は、「あたかも自社専用のクラウド」を所有しているようなクラウド・サービスを開始する。同社は、国内大手ITメーカーに先行し、クラウド基盤を確立。全国の要所に配したデータセンターからサービスを始めている。今回は、企業内利用型のクラウドや複数のDCロケーションを高速回線で結合し、顧客データを分散させるストレージ・サービスなどを新たにスタート。同社では「ビジネスパーク」と呼ぶSIerやソフトウェアベンダーによるチャネルを形成している。新サービスの付加により、地場販社と連携した地域の中堅・中小企業(SMB)開拓で先行しそうだ。