【上海発】製造業に強いSIerの東洋ビジネスエンジニアリング(石田壽典社長)は、中国で主力商材の製造業向けERP(基幹業務システム)「MCFrame(エムシーフレーム)」の拡販を本格化させる。中国ではEMS(受託生産サービス)など、これまで在庫・販売のリスクが比較的少ない製造形態が多く、本格的な製造業向けERPであるMCFrameの販売では苦戦気味だった。だが、ここへきて中国の企業自らのブランドでの開発・生産が急拡大。「販売チャンスが増える」(同社)とみて、拡販に乗り出す。