アジア新興国のなかでも、中国の情報サービス業の市場規模は群を抜いて大きい。日本の情報サービス業は、今、中国国内市場をターゲットとしたビジネス構築に力を入れている。中国地場の有力SIerとの関係も、従来のオフショアソフト開発を中心するものから、中国の国内市場向けのビジネスを主軸とするものへと変化しつつある。地場有力ビジネスパートナーとどのような関係づくりをするのかが、ビジネスの成否を大きく左右する。(文/安藤章司)