洋生菓子製造販売のモンテール(鈴木徹哉社長)は、データ・アプリケーション(DAL、橋本慶太社長)の流通BMS対応EDI(電子データ交換)システムを活用し、受注の精度や速度について大幅な向上を果たした。同社は、菓子を製造するかたわら、自ら販売ルートを開拓してきた。販売店などからの受注データが急増してきたことを受けて、DALが開発した電子データ交換のパッケージソフトウェア「ACMS B2B」を採用した。