その他

大塚商会 牡鹿半島で震災復興ボランティア活動 ゴミ収拾や瓦礫の片づけに精を出す

2011/10/06 21:07

週刊BCN 2011年10月03日vol.1401掲載

 大塚商会(大塚裕司社長)は社会貢献活動の一環として、9月9~11日、宮城県石巻市の牡鹿半島で復興ボランティア活動を行った。同社の東京本社と仙台支社の社員が一丸となって、集落が壊滅状態の鮫浦地区で、ゴミの収拾や瓦礫の片づけなどの作業を行った。執行役員の安達美雄社会貢献担当は、「被災地でのボランティア活動の継続を検討していく」考えを示している。現地に同行して、この目で見た様子をレポートする。(取材・文/ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【被災地レポート】仙台の地場ベンダーは元気、案件は減少していても、ITで地元を元気にする!

【被災地レポート】震災で問われた「事業の継続」、すばやい動きが会社を支えた

【震災関連情報】「双葉町のためにパソコンの寄付を」、ボランティアのIT団体が呼びかけ

おすすめ記事