西日本最大級のIT展示会である「ひろしまIT総合展2011 EXPO Hiroshima,IT's a Solution」(広島県、広島市、ひろしま産業振興機構など後援)が、10月26日から3日間、広島市内の県立広島産業会館と市南区民文化センターで開かれる。今回は「クラウドを超えたITの未来へ」と題し、地域で活躍するITベンダーと全国展開する大手ITベンダーが一堂に会し、先進的なIT製品・サービスの展示や、セミナーでの紹介を行う。展示は、前回を大幅に上回る146ブース/118社が出展。基調講演では日本マイクロソフトの樋口泰行社長がスマートデバイスを活用したワークスタイルの変革について語る。(取材・文/谷畑良胤)