半導体商社として半世紀にわたって事業を展開してきた菱洋エレクトロ(小川賢八郎社長)は、半導体とシステム情報機器を軸にして、両方から派生する「サービス・ソリューション」の拡大を本格化している。3年ほど前からは、得意とするハードウェアの組み込み機器などを利用し、医療や省エネ、デジタルサイネージなどの重点ソリューションの販売を手がけており、これが成長軌道に乗り始めている。今年度(2014年1月期)からは、中国最大手のITディストリビュータの神州数碼控股(デジタルチャイナ、郭為主席兼執行董事)と業務提携し、これらを国内だけでなく、中国・ASEANなど「大中華圏」へと拡大する。同社は今後5か年で、新規事業分野で売上高の30%の獲得を目指す。(取材・文/谷畑良胤)