日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、今年度(2013年6月期)、多くの主力製品の新バージョンを発売している。日本マイクロソフトは、先進5か国の現地法人のなかで一昨年度と昨年度、2年連続でトップの好業績を上げており、好調ぶりをみせている。大型商品を複数投入して、さらにビジネスを伸ばそうとしている状況にあって、カギを握るのは、やはり「Windows」だ。クライアント端末向けOS「Windows 8」とサーバー用OS「Windows Server 2012」の拡販に対する日本マイクロソフトの強い意気込みが感じられる。