日本の情報サービス業界で、質・量ともにグローバル化を最大限に推進してきたのがNTTデータである。2005年3月期、海外売上高は55億円に過ぎなかった同社だが、昨年度(2012年3月期)は2083億円まで急拡大。円高やNTTグループの信用力、財務基盤を背景に海外でのM&A(合併と買収)を果敢に展開した。今年度(2013年3月期)の海外売上高2200億円、売上高全体の占める比率は17.2%に達する見通しだ。