グローバルSIerのトップグループ入りを目指すNTTデータの岩本敏男社長は、世界の主要市場を網羅する地域統括体制を強化するとともに、これらの組織を商材や技術で横串にした「Global One Team」をベースにビジネスを伸ばす。同社は今年から順次、アジア3地域、欧米2地域の計5地域本社体制へと移行。世界共通ブランドとして「One NTT DATA」を前面に打ち出すとともに、足下の国内市場の再創造「リ・マーケティング」を推進。2016年3月期までに世界トップグループ入りを実現させる考えだ。